アトピーは、先進国の人間やペットばかりに発症するという話を知っているでしょうか。
アトピーは豊かで便利な生活環境に原因があるというのです。
実際、途上国などで自然保護活動をしていても犬のアトピーはあまり見かけませんが、
日本で犬の保護などをしてみると、多くがアトピーやその他の皮膚炎を患っています。
犬のアトピーは皮膚のバリア機能の異常や環境中のアレルゲンが原因と言われていますが、正
確な原因はわかっていません。
遺伝子操作された犬種だからとか、帝王切開が多いからとか、
恵まれた食生活が問題だとも言われます。
恵まれた生活、選ばれた犬だからだと言われると、
愛犬がアトピーに苦しんでいるのが申し訳ないような気持ちにすらなります。
とはいえ犬のアトピーは誰のせいでもありません。
人間の癌が先進国に多いのと同じようなものです。
長期の投薬と愛犬の苦しみに、ゆっくりじっくりと付き合っていくしかないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です