油圧プレスと自然保護活動について

油圧プレスを変えることで自然保護を実現できます。
自然を守りたいという意識を持っているのであれば、
最新の油圧プレスに取りかえたほうがいいでしょう。
注文は、専門店に任せてしまうほうがベストです。
なぜなら、どのようなプレスがいいのかをきちんと判断してくれるからです。
そのときには、自然保護活動の一環として油圧プレスを変えるということを伝えてください。
そうすれば、エネルギーがあまりかからないものを紹介してくれます。
もちろん、予算も大切なのですが、自然を守っていくという観点を忘れないでください。
あなたの一歩から、大切な自然保護活動が始まるということを強く意識しましょう。
まずは、プレスを販売しているお店に連絡してください。

菅原一秀議員の話を聞いて思ったこと

再チャレンジ東京というNPOの審査発表会に参加してきたのですが、
いじめや自殺撲滅のために標語や作文などの作品の審査を行い発表、表彰するという会でした。
自然保護活動ももちろん大事ですが、最近特にいじめによる自殺などの胸の痛いニュースが多いので、
こういった運動がもっと盛り上がればいいと思います。
発表会には来賓として、自民党の菅原一秀議員が参加されていました。
すべてを巻き込んだ「地道な国民活動を展開する」という言葉に感銘を受けました。

レンタルオフィスを青山で借りて始めることは

親戚の話ですがレンタルオフィスを青山で借り、
とある事業をはじめることにしたそうです。
提携先とのことがあるので詳細はまだ告知できないのですが、
自然保護に関わる素晴らしい事業だと思います。
無事提携先との良い関係性を築けることを願っています。
開業したらこのサイトでも協力したいと思っています。
興味がある方は是非たびたびのぞいてみてくださいね。
今日は開業前祝で青山でお祝いをします。
親戚一同が集まるので楽しみです。

森林破壊は、腎不全治療行っていない体のようなもの。

人間の体の不調を治すように自然保護も行えればいいのになぁ。と、常々思っています。
森林破壊は、腎不全治療行っていない体のようなもので、
浄化する時間と破壊する時間があまりに違いますし、
そもそも人為的に自然が増える機能を配している場合もあり、
腎臓が機能していないことに似ています。
「自然はみんなのもの。だからみんなで大切にしよう」となればいいのですが、
残念なことに「自然はみんなのもの。
だから誰かがやればいいでしょう」が現実だと言えます。
自然を誰かのものだとしてはいけないけど、
だからといって奪っていいことの理由にはならないのですけどね。

活発化する“底地ビジネス”!? 

昨年末ぐらいから話題になっている「底地ビジネス」。
地主の高齢化が進む中、相続税を減らすために権利関係が複雑な底地を、
業者に売却する動きが広がっている。との事。
ですが地主・家主とのトラブルもかなり多く、なんとも複雑な様相を帯びております。
都会でも高齢者地主・家主の為に、空き地や古い建物(空き家)が増えていますよね。
自然を切り崩し、土地を広げるのではなく、是非今ある土地を有効活用してほしいものですが、
人の財産となるとそう簡単にもいかないのでしょうね。

サーフィンスクールでも盆栽でも、今から始めて。

セカンドライフという言葉が出てきて、もはや死語となっているような気もするこの頃ですが、
正直セカンドライフを待たずして、田舎と言わず自然があるところで暮らすことを目指す方が建設的だと思うのです。
こんなブラックジョークがあります。
仕事をバリバリしてようやく掴んだ老後にバカンスをしたAは、昼間からビーチでゴロゴロしている現住のBに言います
「昼間から働きもしないで、そんなのでは、私のように老後になってもゆっくりすることなんてできないぞ」
と、しかしBは言います
「それは老後でないとゆっくりできないなんて大変だ。私は生まれた時からゆっくりですよ」と。
何がゴールかはわかりませんが、セカンドライフと言わずサーフィンスクールでも盆栽でも、
今から始めてもいいですよね。

ニカド電池のリサイクルとかを気にしてます

自然保護活動を考える集会で使う部屋の掃除をしていたら、
全体の責任者が現れてニカド電池の現状を語り出しました。
ちょうど手に持っていた掃除機はニカド電池が搭載されており、
大きな力を生み出す源になっていることを知ります。
知らないところで活躍しているニカド電池のおかげで仕事が捗るので、
感謝の気持でいっぱいになりました。
他方で、自然保護の一環としてリサイクル方法を調べたくなりました。
購入した店舗などで回収されたあとは、分解されていろいろな処理が行われます。
中でも素材となるニッケルとカドミウムは、役目を終えたニカド電池から取り出して再使用できます。
新たなニカド電池に命を吹き込むために欠かせない素材ですから、
どこかしらの土地から採取しなくて済み自然保護に一役買うというわけです。

自然災害などで手形割引が必要となった

土砂が家屋を直撃し床下は水没したので、
手形割引で復旧作業を急ぐ資金を作り出そうとしました。
自然保護の活動拠点も兼ねている建物ですから、
早急に手形割引して専門家を呼び寄せる必要があります。
ところが、手形割引を一時的に受け付けない旨の公式発表が
なされて途方に暮れました。
自然保護活動を考えるあまりに、
現金を手元に置く習慣を軽く見ていた点に原因があります。
発生した内容を潔く受け入れてからは、手形割引ではない方法で
自然保護を再始動させるべく動きました。
災害発生時にも手形割引の効力は強いと信じていましたが、
あくまでも金融機関が平常時においてのみ言えることです。
自然保護活動を考えるのは、しばらくお休みせざるを得ません。

古物市場巡りをしているときに

自然保護活動を考える事がある。
古物市場の中には、タンスや棚といった大物家具もあり、
とても質のいい商品がところ狭しと並んでいる。
そんなものを見ていると、これをつくる為にはいったいどれくらいの木材が使われ、
廃棄する為にどれくらい環境に負荷を与えているのか、ふと気になってしまうのだ。
だからといって木材を使うのに反対している訳ではない。
木でつくられた家具が好きだし、私の家にも沢山の木の家具がある。
古物市場に持ってこられているものは誰かがいらなくなった物だ。
悪い言い方をすればゴミである。
しかし必要としている人がそれを見つけたとき、ゴミではなく宝物に見えるだろう。
古物市場を経由することで廃棄される物がへり、
捨てられる運命だった商品は大事に扱われるようになる。
そうやって考えると、古物市場の売買は、自然保護の一環として、
多いに役立っているのではないだろうか。

そろそろ給湯器を交換した方が良いかなぁ

自然保護についての本を読んだりインターネットで関係記事を見たりして、
日々自然保護活動を考える方も意外と多いのではないでしょうか。
そのとき傍らにはコーヒーや紅茶の存在が必須のはずですが、
それらを飲むためには給湯器を利用してお湯を沸かす必要があります。
これが時々ならまだ良いのですが、毎日のように酷使し続けてしまうと、
どうしても給湯器に劣化が生じてしまいます。
そのためどこかの業者に依頼をし、
定期的にチェックしてもらうような環境を整えておくと良いでしょう。
壊れた時に急いで業者を呼ぶ体制にしてしまうと、
いざという時に全く使えない状況になってしまうかもしれません。
そのために給湯器本体や各部品が現在どのような状態なのか、
ぜひ一度見てもらうと良いのではないでしょうか。